こんにちは、斎藤です。

それでは、今回、悪・即・斬の名の下にぶった切る情報商材はこちらです。

■URL:http://m-1pr.com/lp/m_1/

 

■URL:http://m-1pr.com/lp/m_2/

 

■URL:http://m-1pr.com/lp/m_3/

 

■URL:http://m-1pr.com/lp/m_4/

 

『M-1プロジェクト』 販売者 商材情報

■提供者:株式会社アドバンス

■運営責任者:鈴木 健二

■所在地:大阪府大阪市西区新町1-7-22-501

■TEL:080-8502-7161

■商品に関するお問い合せ先:info※m-1pr.com

 

グランプリ的なものを意識かな?

それでは、ぶった切って行きましょう!

今回は、1日3分、最短翌日入金、1000円~OK

仕事中に2回クリックするだけで、

日給30万円稼げてしまった、プロジェクト。

その名も、M-1プロジェクト

販売者は、矢竹次郎氏、鳴海めぐ氏です。

 

今回のこの、M-1プロジェクトですが、

オファーページがまず、4種類存在します。

その中で、1つだけビジネスモデルを明示しているページがあります。

4つ目のオファーページですね。

まぁ、他のオファーページを見ても、

仕事中に2回クリックするだけで日給30万円稼げた

3分待っただけで7万円

あなたはたった3分待つだけでいいの

とか、簡単に、短時間で出来ることが謳われています。

大体、この文句が書かれている商材と言うと、

みなさんもお気づきだと思いますが。

そうです。

今回のこのM-1プロジェクトのビジネスモデルは、

バイナリーオプションになります。

4つ目のオファーページで、ビジネスモデルを明示しているのだから、

他のオファーページでも明示して良いのではないか?

って思うところなんですが、

バイナリーオプションってとこから、

名前を見ただけでも、拒否する人もいますからね。

まぁ、バイナリーオプションに良いイメージが無いですからね。

残念ながら。

 

そして、今回のこのM-1プロジェクトで行う、

バイナリーオプションの実践方法なんですが、

シストレ方式でバイナリーオプションを実践する形になります。

シストレ方式なんですねぇ。

シストレっていうのは、システムトレードの略で、

あらかじめ決めておいたルールに従って、

継続的・機械的にトレードを行う投資法のことです。

 

このシストレで稼ぐってことは、

実践する人全てが同じ結果になるということですので、

今回のこのM-1プロジェクトのルールで、

稼ぐことが出来るのであれば、誰がやっても同じ結果がでるので、

稼ぐことが出来るでしょう。

ただ、バイナリーオプションも投資ですからね。

確実に稼げるってことには、どうしてもならないですね。

 

以前から、このブログでも言っていますが、

バイナリーオプションは、一種の賭け事です。

ある一定の時間が過ぎた時に、

今の金額よりも高いか低いかを当てるものですので、

丁か半かのギャンブルになっているのが現状です。

確かに、投資法の一種ではありますし、

相場を見て賭けるってとこから、

ビジネスにしようって人は沢山います。

しかし、勝ち続けるって言うのは、当然難しいです。

というか、無理があるんじゃないですかね?

 

そして、今回のこのM-1プロジェクトですが、

4種類オファーページがあると言いましたね。

これなんですけど、先行特別募集ってなっているんですね。

ページの一番上でカウントダウンをしているわけなんですが、

よく見てもらいたいんですが、

残り日数が違うんですよね。

普通、こういった先行特別募集とかする時って、

カウントダウンする日数とか時間は一緒にするわけですよ。

それが、違う日数・時間になっているわけですね。

これは信用が出来ないですねぇ。

 

M-1プロジェクト(矢竹次郎 鳴海めぐ)の評価

今回のこのM-1プロジェクトですが、

シストレ方式でバイナリーオプションを実践する形になります。

バイナリーオプションや、投資について、

何の知識もつけずに、いきなりシステムに依存するのは、

何か予期せぬことが起きた時、

緊急時に、何も対応出来なくなる可能性が出てくるので、

オススメ出来ません。

そして、システムを使用するとのことなので、

いつまで、そのシステムを無料で使えるかが分からないですね。

そうなると、バックエンド商品が待っている可能性が高いです。

矢竹次郎氏、鳴海めぐ氏の『M-1プロジェクト』のオファー

危険商材と判定します!