こんにちは、斎藤です。

それでは、今回、悪・即・斬の名の下にぶった切る情報商材はこちらです。

Airbnb赤字難民救済プロジェクト 販売者 商材情報

運営事業者名(社名・商号・屋号):日本民泊推進委員会 airbnb(エアビーアンドビー)プロジェクト

運営事業者住所:〒169-0074 東京都新宿区北新宿3-2-1

代表者または運営統括責任者:新川大地

連絡先/ホームページ:info@airbnb-guide.com

連絡先/TEL:050-6865-9081

URL:http://1gnitestrategy.com/launch/airbnb/sos/

 

民泊ビジネスですかぁ・・・

それではぶった切って行きましょう。

今回は、Airbnbの赤字物件がたった1ヶ月で

黒字化してしまう「ずるい手法」を教えてくれる。

その名も、Airbnb赤字難民救済プロジェクト

販売者は、新川大地氏と、柳井弘幸氏です。

 

久々に、民泊ビジネスに関してのオファーですね。

オリンピックが決まってからというもの、

一時的にAirbnbに関するオファーが乱立していましたが

今回は、本当に久しぶりに出てきた気がします。

ちなみに、民泊というシステム自体に関しては、

オリンピックが決まってから、散々ニュース等でもやっていたので、

どういうものか知っているとは思いますが、

簡単に言うと、宿泊施設が足りてないのだから、

空き家をゲストに提供して泊まって貰おうというもの。

 

ただですね、この民泊ビジネスなんですが、

法整備に関しては、ようやく整ってきましたが、

営業出来る日数が、最大年間180日なんですね。

この日数を見てもらえれば、分かると思いますが、

かなりの短期間集中型のビジネスモデルになるということです。

年間の半分しか営業出来ないわけですからね。

ビジネスとして考えるのであれば、極短い期間しか勝負が出来ない・・・

確かに、これでは赤字になる確率がとても高いですね。

 

で、今回のAirbnb赤字難民救済プロジェクトですが、

以前の法整備前に、流行っていた民泊についてのオファーに

乗っかってしまって、赤字になっている物件を持っている方が

どうやら対象になっているようです。

なので、今回初めて民泊ビジネスをやろうと思っている人、

初心者については、対象範囲外ということになります。

 

そして、今回のAirbnb赤字難民救済プロジェクトは、

無料のWebセミナーをやるという事です。

正直、今回のオファーに関しては、

「心理学、広告、文章の書き方を学び

わずか1ヵ月で赤字から 黒字化に成功!」

したという部分に関して、興味があります。

これって、恐らく他の分野についても、活かせると思うんですよね。

もし、この部分についての説明があるのであれば、

今回のWebセミナーは視聴しても良いのでは無いかと思います。

ただ、今回の講師である新川大地氏ですが、

Airbnb稼働率アップの専門家としてのコンサルティング活動を

専門として行っている方なんですよね。

という事は、コンサルティング料金が必要になるのでは?

と考えられます。

 

Airbnb赤字難民救済プロジェクト新川大地、柳井弘幸)の評価

今回のこのAirbnb赤字難民救済プロジェクトですが、

名前の通り、現在Airbnbを行っていて赤字になっている人が対象になります。

初心者の方や、これからAirbnbを始めようとする方は、対象外となります。

但し、今回行うWebセミナーの内容については、

「心理学、広告、文章の書き方を学び

わずか1ヵ月で赤字から 黒字化に成功!」の部分について、

詳しく解説されるのであれば、有益な情報を得ることが出来るかも知れません。

ただ、今回の講師の方の肩書が、Airbnb稼働率アップの専門家ですので、

最終的には、コンサルティング料金を貰う事が目的ではないかなと思います。

新川大地氏と、柳井弘幸氏の『Airbnb赤字難民救済プロジェクト』のオファー

危険商材と判定します!