こんにちは、斎藤です。

それでは、今回、悪・即・斬の名の下にぶった切る情報商材はこちらです。

費用がかからないビジネス 販売者 商材情報

■会社名:株式会社TBT

■責任者:田中雄二

■所在地:〒160-0022 東京都新宿区新宿4-1-22コムロビル702号室

■URL:http://hiyougakakaranai-business.jp/lp1/gb/

期間限定公開?

それではぶった切って行きましょう!

今回は、費用が掛からず、初月から必ず

50万円は稼げるビジネスがついに公開!!

1回の作業時間は1分以内!!

その名も、費用がかからないビジネス!

販売者は、松本翔太氏です。

 

なんか見たことあるような気が・・・

今回のこの費用がかからないビジネスですが、

無料オファーの内容が、

何か見たことがある気がするんですよね。

 

以前見たことがある気がして、

自分のブログ(本ブログですね)を

見直したんですけど、その理由がわかりました。

 

以前こちらでも紹介した、この案件

何もしないで稼げるビジネス

これにそっくりなんですよね。

 

無料オファーページの背景であったり、

書かれている文章の内容だったり、

少し変えてはいますが、

概ね同じ作りになっています。

 

コムロビル702号室か・・・

で、なんで似てるのかなぁと思って、

特商法表記を確認してみました。

 

すると、会社名とか責任者は違うんですが、

所在地が同じなんですよね。

それもコムロビル702号室ですよ。

 

この所在地に使われている

コムロビル702号室なんですが、

調べてもらえると分かるのですが、

ここ・・・私書箱なんです。

 

要は、バーチャルオフィスとして、

私書箱を所在地として使ってるってことです。

しかも、電話番号とかメールアドレスと言った、

連絡の取れるものが書かれていないですからね。

 

所在地だけでは、特商法表記としては、

全然足りてはいないですね。

連絡手段がない時点でかなり危険度は高いですね。

 

50万円を稼ぐ方法は?

それでは、実際に50万円を稼ぐ方法というのは、

一体どんなものなのでしょう。

 

今回の費用がかからないビジネスでは、

史上最強のキャッシュシステム」を使って、

1回1分以内の作業時間で稼ぐことが出来るのです。

 

この史上最強のシステムを使用することで、

開始初月に50万円を稼ぎ出し、

その後も毎月100万円、200万円、300万円と

稼ぎ続けることが可能になるということです。

 

これだけ聞くと一見凄そうですよね。

作業自体も簡単そうですし、

これだけの金額を毎月稼げるのであれば、

十分すぎますよね。

 

でもね、今回の費用がかからないビジネスは、

ビジネスモデルを明示していないんですよね。

この無料オファーの時点で、

ビジネスモデルが何なのか分からないんですね。

 

ただ、ビジネスモデルの予想自体は出来ます。

何処からかと言うと、

1回1分以内の作業とか、

1000円から始められるとか、

何もしないで稼げるビジネス」と

オファーページの作りや文章が同じこと等から、

恐らく、ビジネスモデルは

バイナリーオプション」です。

 

なので、今回の費用がかからないビジネスは、

史上最強のキャッシュシステム」を使用した、

バイナリーオプション」で稼ぐ

と言ったものになるでしょう。

 

稼げそうなのかな?

今回の費用がかからないビジネスは、

誰でも簡単に稼ぐ事が出来ると謳っています。

それも、無料オファーから最初の動画でも

同じように、煽るように稼ぐ事が出来ると

謳っています。

 

ただ、もしビジネスモデルが予想通りに、

バイナリーオプションだった場合、

当然リスクは存在するんですね。

 

投資というのは、少なからずリスクは存在します。

バイナリーオプションも投資の一種ですから、

リスクに関して説明するべきなんですよね。

 

今回の費用がかからないビジネス

説明の中では、リスクに関しては一切話が無かったです。

ただ、特商法表記にはこう記載していました。

嘘偽りがないとか、誇大表現はないとか

全て真実だとか言っていましたが、

それが嘘だったって事ですね。

 

費用がかからないビジネス松本翔太)の評価

今回のこの費用がかからないビジネスですが、

費用が掛からず、誰でも簡単に

初月から50万円を稼げると言っていますが、

そのビジネスモデルは、バイナリーオプションでしょう。

 

以前にこのブログでも紹介した

何もしないで稼げるビジネス」と

全く同じ構成&同じ画像ですし、

文章に関しても、

細かいところで変えていますが

ほとんど同じ文章を使っています。

 

さらに、「何もしないで稼げるビジネス」の時も

指摘をしたのですが、無料オファーの内容で、

嘘偽りがないとか、誇大表現はないとか

全て真実だとか言っていますが、

特商法表記でそれを見事に否定しています。

 

当然のことながら、

今回の費用がかからないビジネスに関しても

オススメすることは出来ません。

松本翔太氏の『費用がかからないビジネス』のオファー

危険商材と判定します!