こんにちは、斎藤です。

それでは、今回、悪・即・斬の名の下にぶった切る情報商材はこちらです。

Mining Share Bank 販売者 商材情報

■販売者氏名:吉田 慎也

■問い合わせ先連絡先:mail(こちらにアットマーク)the-utopia.link

■URL:http://miningbank.jp/lp/miningstart/

 

ビットコインを生み出す側?

それではぶった切って行きましょう!

今回は、GMO、DMMといった大手企業が

仮想通貨マイニング事業に参入し、

盛り上がりを見せる中、ある一人の男が

3億円の投資と1年に及ぶ歳月をかけ完成させた

国内初のクラウドマイニングサービス!

その名も、Mining Share Bank

販売者は、吉田慎也氏です。

 

クラウドマイニングって何?

今回のMining Share Bankというのは、

ビジネスモデルがクラウドマイニングになります。

 

それでは、クラウドマイニングって

そもそも何なのか?って話になりますよね。

まずは、クラウドマイニングについて

説明しようと思います。

 

まず、マイニングというのは、

「採掘」という意味で使われています。

 

ビットコインでいうマイニングとは、

定期的に行われるビットコインの運営に必要な

すべての取引記録を取引台帳へ追記」する作業を、

余っているコンピュータのリソースやパワーを借りて

行って貰う事の対価として、

新しく発行されたビットコインが支払われる

という仕組みになります。

 

そして、クラウドマイニングというのは、

マイニング方法の一つであり、

「マイニングをおこなっているサービスに投資すること」

によってマイニングに参加する方法なのです。

 

マイニングは個人で出来る?

それでは、個人でマイニングが出来るのか?

これの答えとしては、

規模にもよると思いますが、

出来ないでしょう。

 

その出来ない理由というのが、

マイニングを行うには、

以下のものが必要になります。

・マイニング専用にチューニングされた超モンスターPC

・PCを何台も稼働させるための電気代

・PCが出す熱を冷却させるための設備・環境

こういった物が必要になるわけです。

 

これを個人でやるのは、

ちょっと難しいですよね。

なので、現状ではほぼ全てが

業者によって行われています。

 

クラウドマイニングってどうなの?

個人でマイニングをすることは、

出来ないという事は分かりましたが、

では、クラウドマイニングはどうなんでしょうか?

 

当然、投資の一種ですし、

扱う通貨が仮想通貨になりますので、

メリットとデメリットが存在します。

 

まず、メリットですが、

以下の物がメリットになるでしょう。

・初期の設備投資費用が必要ない

・電気代を気にする必要がない

・マイニング知識が必要ない

これはマイニングをやる上では、

この上ないメリットになるでしょう。

 

では、デメリットですが、

以下のものがデメリットになります。

・投資額を回収する前に、会社が倒産する可能性がある

・暗号通貨の価値下がり、投資額よりも回収額が低くなる可能性がある

・もともと存在していない詐欺マイニングである可能性がある

これかなりデメリットデカいですよね。

特に3つ目なんて致命的です。

 

吉田慎也氏は信頼できる?

このクラウドマイニングですが、

メリットがかなりデカいですよね。

デメリットを解消出来るのであれば、

なかなか良い投資方法だと思います。

 

それでは、今回の販売者である吉田慎也氏は

信頼できる人物なのでしょうか?

 

では、特商法表記を見て見ましょうか。

販売者名とメールアドレスのみですね・・・

住所とか会社名とか電話番号なんかは

書いていませんね。

 

これは、特商法表記としては、

不十分であると判断出来ますね。

 

そして、特商法表記の記載が

不十分な案件に関しては、

今までの経験上、優良なものは

存在していません。

 

しかも、記載されているメールアドレスが

GMailですからね・・・

いつでも取得・変更が出来る

フリーメールアドレスなんですよ。

 

これだと、連絡が出来なくなる可能性が強いですね。

連絡手段がフリーメールアドレスだけというのは、

ちょっと信用が置ける販売者とは

言えないのではないでしょうか。

 

信用の出来る情報が、ちょっと少ないですね。

無料オファーの内容だけで、

この販売者である吉田慎也氏を

信用出来る人物と判定することは出来ませんね。

 

Mining Share Bank吉田慎也)の評価

今回のこのMining Share Bankですが、

ビジネスモデルに関しては、

クラウドマイニングというものになります。

 

クラウドマイニング自体は、

デメリットをしっかりと押さえた上で、

行う事自体に関しては良いと思います。

 

ただ、クラウドマイニングを謳った

詐欺業者がかなりあるので、

そこに注意する必要があります。

 

で、今回の販売者である吉田慎也氏ですが、

信用に足る人物かと言うと、

どうもそうでは無さそうですね。

 

なぜ、そう思ったかと言うと、

特商法表記に記載されている内容が、

まず不十分だという事。

 

そして、記載されているメールアドレスが、

フリーメールアドレスだという事。

これでは、ちょっと信用だ出来るとは

言い難いとしか言えませんね。

 

なので、今回のMining Share Bank

オススメすることは出来ません。

 

吉田慎也氏の『Mining Share Bank』のオファー

危険商材と判定します!