こんにちは、斎藤です。

それでは、今回、悪・即・斬の名の下にぶった切る情報商材はこちらです。

We Are Project 販売者 商材情報

■販売会社:ルケルス合同会社

■販売責任者:山下大輔

■メールアドレス:info@weare-project.com

■所在地:大阪府大阪市北区池田町10番地11号

■URL:http://weare-project.info/questionn/

 

アンケートに答えて50万円?

それではぶった切って行きましょう!

今回は、小さな夢や目標を持つ一般人に

最大+50万円を支援する!!

その名も、We Are Project

販売者は、山下大輔氏です。

 

アンケートですか・・・

今回のWe Are Projectですが、

無料オファーの形式が、

アンケート形式になっています。

 

最近は、こういった感じで

アンケート形式の無料オファーが

増えてきていますが、

個人的には好きじゃないですね。

 

なぜかと言うと、この形式って

どう答えても最終的に

同じ答えにたどり着くように

なっていますからね。

 

尚且つ、何をやるのか全く分からないわけです。

ビジネスモデルも全く分からないんですよね・・・

 

何をするんだろう?

当然出てくる疑問だと思うのですが、

今回のWe Are Projectは、

一体何をするのか?ってことですよね。

 

この無料オファーを見ていても、

全く何をやるか分からないので、

メールアドレスを登録してみました。

 

するとですね、これが良くあるやつで

LINEへの登録を誘うページに

遷移するんですね。

しかも、このページは時限式になっています。

 

時間が経つと勝手にページが遷移します。

ただ、ブラウザバックすると

普通に元のページに戻れたりします。

なので、カウントダウンは気にする必要はないです。

 

支援金?

今回のWe Are Projectですが、

結局今の時点では、ビジネスモデルが分かりません。

分かっているのは、参加すると

毎月最大50万円を受け取れるという事。

 

それだけなんですね。

そして、そのお金は支援金なんですと。

販売者である山下大輔氏が、

スポンサーになって支援をすると。

 

まぁ、普通に意味が分からないですよね・・・

毎月50万円もの金額を

スポンサーになって支給する理由も

よく分かりません。

 

というよりも、何の見返りもなしに

毎月50万円を支援するメリットが

今の段階では全くないんですよね・・・

 

スポンサーって言うのは、

自分にメリットがあるからなる人がいるわけです。

メリットがないのに、

スポンサーになる人なんていないわけです。

 

という事は、販売者である山下大輔氏に

何らかのメリットが存在するわけです。

 

お金は稼げる?

今の段階では、ビジネスモデルも分かりませんし

何をするかも皆目見当が付かない状態ですが、

お金を稼ぐ事は出来ないでしょう。

 

なんで、そんな風に言えるかと言うと、

特商法表記を見て頂ければ分かると

思いますが、こんな事が書かれています。

・表現及び商品に関する注意書きとして

本商品に示された表現や再現性には個人差があり

必ずしも利益や効果を保証したものではございません。

こう記載されちゃってるわけです。

 

参加者全員に毎月50万円を支給するって

豪語していたんですけどね・・・

結局こういう事なんですよね。

 

いくらセールスページで威勢の良い事を

言っていても、特商法表記が絶対ですからね・・・

これでは稼げるとは思えませんね。

 

まぁ、ビジネスモデルも明示されていないですしね。

そもそも、無料オファーの時点で

ビジネスモデルを明示せず、

さらにメールアドレス登録後に遷移する

動画ページの中でもビジネスモデルを

明かしていない案件っていうのは、

今まで優良なものは無かったですしね。

 

We Are Project山下大輔)の評価

今回のこのWe Are Projectですが、

ビジネスモデルが全く分かりません。

というよりも明示されていないんですね。

 

で、ビジネスモデルを明示していないわけですが、

50万円を毎月支給すると言っているわけです。

ちょっと信じられないですよね・・・

 

また、特商法表記でも利益は保証しない

明示してますからね。

誰でも参加すれば、毎月50万円が支給されると

言っておきながらです。

 

これはちょっと信用が出来ないですね。

まぁ、ビジネスモデルを明示していない時点で、

相当怪しいわけですけど・・・

 

中身が全く分からないわけですからね・・・

それなのに50万円支給しますって言ってもね・・・

当然今回もオススメすることは出来ません。

山下大輔氏の『We Are Project』のオファー

危険商材と判定します!