こんにちは、斎藤です。

それでは、今回、悪・即・斬の名の下にぶった切る情報商材はこちらです。

『ハイブリッドATMシステム』 販売者 商材情報

■運営:鈴木 孝広

■お問い合わせ:mail@crypto-pj.net

■URL:http://crypto-pj.com/lp/present/open/

 

暗号通貨ATMシステム?

それではぶった切って行きましょう!

今回は、暗号通貨で「たった2回」並みに乗っただけ

それだけで、口座残高3億円を超えた

誰もが富を築ける暗号通貨ATMシステム!

その名も、ハイブリッドATMシステム

販売者は、鈴木孝広氏です。

 

誰もが富を得る方法・・・

今回のハイブリッドATMシステムですが、

また仮想通貨に関する案件ですね。

ここ最近は仮想通貨に関連する案件しか

見ていない感じがしますね。

 

そのくらい仮想通貨に関連する案件は多いです。

ですが、今までみてきた案件に関しては、

そのどれもが優良な案件だとは言えないもの

ばかりでした。

 

では、今回のハイブリッドATMシステム

どうでしょうか?

まず内容から見て行きましょう。

 

無料オファーの内容で、いくつか仮想通貨に対する

手法の説明がありますね。

そして、販売者である鈴木孝広氏は、

台湾でマイニングマシンのオーナーも

行っているようです。

 

マイニングマシンのオーナーもやっているという事で、

今回紹介される物はマイニングだと思ったのですが、

今回紹介するATMシステムはマイニングでは無いようです。

 

では、一体何なのか?という話になりますが、

無料オファーの内容から考えるに、

ICOという手法を使うことになるでしょう。

 

無料オファーの内容にも、インサイダー情報とか

記載されてますしね。

 

ただ、ここではっきりと言っておきますが、

今回のような無料オファーで、

情報がばらまかれている時点で、

インサイダー情報でもなんでもないって事です。

 

なので、インサイダー情報で稼ぐという事が

どうにも胡散臭いと感じてしまいます。

 

特商法表記はどうかな?

どうにも胡散臭く感じてしまったので、

特商法表記を確認してみました。

 

するとですね、会社名・住所・電話番号という

大事な情報が記載されていないわけです。

これでは、特商法表記としては不十分ですね。

 

特商法表記に名前とメールアドレスしか

記載していない時点で、

正直、逃げる気マンマンにしか見えません。

 

そもそもICOというのは、

まだ価値がない通貨を上場前に

激安で購入しておき、無事に上場して

価値が上がったところで売る

という、夢のあるハイリスクハイリターンな

手法なわけです。

 

という事はですよ、販売者の実績であるとか

信用というのが、最も重要になるわけです。

 

で、今回のように特商法表記の記載が

不十分であったり、無かったりした案件というのは、

販売者と連絡が取れなくなるケースというのが、

非常に多いです。

 

果たして、こうなる可能性が高い人を

信用出来るのかっていう話なんですね。

まぁ、信用しちゃダメな事は明白ですね・・・

 

とは言え、まだ万が一という可能性があるため

メールアドレスを登録してみました。

 

実際どうなんだろうか

メールアドレスを登録すると、

いつものようにローンチ動画の1話目がある

ページに遷移しました。

 

その動画を見ていくと分かるのですが、

次に時流に乗って価値を上げるコインは、

「アロハコイン」だと強く推奨してます。

 

ただ、先ほども記載しましたが、

特商法表記の記載も不十分であり、

過去の実績もないような販売者の事を

どうやって信用すればいいんですかね?

 

さらに、この「アロハコイン」ですけど、

ちょっと調べて見ると、あんまり良い話はないですね。

というか、購入するのに代行業者を挟む必要があるんですね・・・

この代行業者を挟むって言うのが、

騙される可能性を高くしますよね・・・

 

確かに、これから上場されるコインですし、

投機対象とすれば悪くないと思います。

ただ、代行業者を挟むのがね・・・

これが全てを台無しにしています。

 

代行業者からしか買えない仮想通貨っていうのは、

そのほとんどが詐欺です。

例え詐欺では無かったとしても、

発展性のない仮想通貨を持っていても、

あんまり旨味はないんじゃないでしょうかね。

 

ハイブリッドATMシステム(鈴木孝広)の評価

今回のハイブリッドATMシステムですが、

ビジネスモデルは仮想通貨になります。

それも、インサイダー情報を使ったICOです。

 

ただ、そこで扱うコインが、「アロハコイン」という

名前の仮想通貨になります。

この「アロハコイン」ですが、

ちょっと調べると分かるのですが、

代行業者からしか買えないコインとなっています。

 

という事は、今回のハイブリッドATMシステムでは、

販売者の鈴木孝広氏が代行業を行うと

いう事なんでしょう。

 

では、この鈴木孝広氏なんですが、

果たして信用の出来る人物なんでしょうか?

答えとしてはNoでしょう。

 

はっきり言うと、信用は出来ません。

なぜなら、まず実績がない。

これって結構重要なんですよね、

実績がある人物の方が当たり前ですが、

信用出来ます。

 

そして、特商法表記を見て貰うと分かるんですが、

会社名も住所も電話番号すら記載されてないです。

 

こういった特商法表記の記載内容が

不十分な人物のことを信用出来るかと言うと、

信用なんて出来ないでしょう。

 

ちょっと考えれば分かる事なんですが、

連絡手段がメールアドレスしか無いわけです。

この状態って、要はすぐ逃げれるわけですよ。

メールアドレスなんてすぐ変えれますからね。

 

こういった販売者の事を信用出来るって言うのは、

よっぽど人が良いんでしょうね。

私でしたらこういう販売者は絶対に信用出来ませんからね。

 

鈴木孝広氏の『ハイブリッドATMシステム』のオファー

危険商材と判定します!