こんにちは、斎藤です。

それでは、今回、悪・即・斬の名の下にぶった切る情報商材はこちらです。

『The Treasure プロジェクト』 販売者 商材情報

■販売会社:DANIEL WORLD LIMITED

■運営責任者:Daniel Dan

■所在地:Unit 11C,China Insurance building,48

                  Cameron road,TST,Kowloom,HK

■URL:http://www.the-treasure.com.hk/1zn79h/

 

国宝級ICO?

それではぶった切って行きましょう!

一般庶民は接触不可能!

世界のスーパーVIP相手に秘密裏に資産運用する

国賓級プライベートバンカーが

爆上げ確実な国宝級ICOを

ある理由により人数限定・鬼暴露

その名も、The Treasure プロジェクト

販売者は、ジョニー阿部氏・ダニエルダン氏です。

 

また、かなり怪しいですね・・・

いやぁ、正直このページを見た印象は、

もう怪しいの一言ですね・・・

 

なんて言うか、最初から国宝級だとか、

国賓級だとか、爆上げ確実だとか、

危険な感じがする文言が幾つも出てきます。

 

なんで、最初に一番見られて、

印象に残る部分にあの画像を

選んだんですかね・・・

 

こういった、情報業界の案件を見てると

思うんですが、最初に受けた印象って

結構大事なんですよね。

 

最初の印象で、ダメだと思った案件って

やっぱりダメなんですよ。

で、今回は正直印象は最悪です。

ただ、万が一という可能性もありますからね、

内容についてみて行きましょう。

 

特商法表記

まず最初に、特商法表記から

見て行きましょう。

 

電話番号やメールアドレスといった

連絡するための手段について

記載されていませんね。

 

この無料オファーの時点では

特に何かを販売するという訳では無いので、

必須という訳ではないのですが・・・

この情報業界では、これが無いと

お話になりません。

 

まず、内容を知るためには、

メールアドレスを登録する必要が

あるわけですね。

 

でも、メールアドレスを登録するのって、

個人情報を提供しているのと

同じなわけです。

 

その個人情報を、何処の誰かも

分からない人に対して公開している

って事になるわけですよね。

 

この情報をくれる人物が、

信用の出来る人物なのか、

それを知るための情報の一つとして、

特商法表記を言う情報が役に立つわけです。

 

なので、特商法表記の記載が、

不充分であったり、無かったりする

案件に関しては印象が悪いわけです。

 

そして、そういった案件というのは、

そのほとんどにおいて、

優良だったことがありません。

 

そういった事情もあり、

特商法表記の記載は良く見る

必要があると言っているわけですね。

 

The Treasure プロジェクトの内容は?

で、今回のThe Treasure プロジェクトの内容は

と言うと、簡単に言うと、

仮想通貨のICO案件について

教えます。という事ですね。

 

それも、国宝級のICO情報だそうです。

半年で1億円を目指せる仮想通貨ICOを

完全無料で配布してくれると言うのです。

 

で、この情報って言うのが、

500名限定なので、

登録を急いで下さいと、

そう言って、カウントダウンをしている

わけですね。

 

で、このカウントダウンなんですが、

フェイクです。

偽物なんですね、ページを再表示したら、

また最初からカウントダウンが

始まります。

 

こういった、フェイクカウントダウンを

付けている無料オファーって言うのは、

大体が優良ではない案件です。

 

と言うか、商材に絶対の自信が無いんでしょうね、

その自信のなさが、こういった

フェイクカウントダウンなんかを付けて、

見た人を煽り、登録させようとしている

という訳ですね。

 

この時点で、メールアドレスを登録する

価値は無いと思いますが、

無料で情報が貰えるという事なので、

取りあえずメールアドレスを

登録してみました。

 

すると、いつものように

LINEへの登録を促すページに

遷移しました。

 

最近は、これが無い案件って言うのを

探す方が難しいですね・・・

で、ここにもカウントダウンがあります。

 

そして、これもフェイクカウントダウンです。

ページを再表示すると、

また最初からカウントダウンを

始めます。

 

で、それをやり過ごして、

進むと、今度は動画のあるページに行きます。

この動画、今の時点で16000回程再生されています・・・

 

500人の人達が、そんなに何回も見ているんですかね・・・

まぁ、そんなわけないですよね。

要は、500人以上登録しているわけです。

 

この時点で、500名限定といっていた事は

嘘になりますね。

少なくとも、無料オファーのカウントダウンは、

メールアドレス登録が対象だったはず・・・

無料オファーに書かれている内容は、

登録させるための嘘だったわけです。

 

さらに、今回の仕掛け人のジョニー阿部氏ですが、

どっかで見たことがありますね・・・

そうです、この方は阿部ダイジロウ氏ですね。

 

改名なさったようですね・・・

まぁ、名前で検索すると、

悪評ばかり出てきますからね。

検索逃れのためなんでしょうね・・・

 

今回のThe Treasure プロジェクトなんですが、

ダニエルダン氏については、

不明な事があり過ぎて、

良く分からないですが、

少なくとも、ジョニー阿部氏については、

信用の出来ない人物という事は、

良く分かっています。

 

そのため、参加をオススメすることは出来ません。

仕掛け人が信用出来ないですからね・・・

特に、仮想通貨ICOというのは、

信用が第一ですからね・・・

 

スポンサードリンク

The Treasure プロジェクト(ジョニー阿部・ダニエルダン)の評価

今回のこのThe Treasure プロジェクトですが、

ビジネスモデルに関しては、仮想通貨になります。

それも、国宝級のICO情報だそうです。

 

ただ、今回の仕掛け人であるジョニー阿部氏が、

阿部ダイジロウ氏が改名しただけであり、

この阿部ダイジロウ氏が、とてもじゃないですが

信用の出来るような人物では無いという事。

 

無料オファーの時点では、メールアドレスを

登録する時点で、500人しか登録出来ないはずが、

実際に先に進んだ動画の再生回数を見ると、

16000回を超えていたり、コメントの数が3500件を

超えていたりと、登録出来る人数に虚偽があった事。

 

また、無料オファーやLINEへの登録を

促すページについていたカウントダウンが、

ページの再表示をすると、

最初からカウントダウンを始めるという

フェイクカウントダウンだった事。

 

この時点で、すでにもう怪しい感じしか

しませんし、信用する事も出来ません。

とにかく怪しさしか感じませんので、

参加することはオススメ出来ません。

 

ジョニー阿部氏・ダニエルダン氏の

The Treasure プロジェクト』のオファー

危険商材と判定します!