こんにちは、斎藤です。

それでは、今回、悪・即・斬の名の下にぶった切る情報商材はこちらです。

『VR ICO』 販売者 商材情報

なし

■URL:http://2e-creation.com/lp/breakico/

 

ICO割れ?

それではぶった切って行きましょう!

会員メンバー30,000人突破!

ご紹介ICO銘柄の平均リターン12倍以上!

月1~5件以上を安定的にご紹介!

ICOへの累計投資額100億円を超える

日本最大級のコミュニティが見つけた

トップシークレットICOへの

参加権利を特別配布!

その名も、VR ICO

販売者は、吉田慎也氏です。

 

バーチャルリアリティ?

今回は、バーチャルリアリティ市場に

目を付けたって事ですね。

 

今回の販売者である吉田慎也氏は、

以前にも情報商材の販売を行っています。

本ブログでも幾つか扱っていて、

こういった物でした。

Mining Share Bank

これで年収1億円

 

正直、両方とも余り良い話は

聞こえてきてないですね。

どちらとも扱っているのは

仮想通貨になりますね。

 

そして、今回も扱っているのは

仮想通貨ICOです。

最初に扱った題材は、

仮想通貨のマイニングでしたね。

 

このマイニングを扱っていた

Mining Share Bank」は、

特に悪い話しか聞けてないです。

 

なんでも、会員サイトにアクセスが

出来なくなり、連絡が取れなくなるという

事態に陥ったようです。

 

これはちょっと危険な感じがしますね。

一回上手くいった方法は、

上手く行かなくなるまで、

何回も同じ事をしますからね・・・

 

そう考えると、今回のVR ICO

同じ事になる可能性が非常に高いですね。

 

特商法表記はどうかな?

まず最初に、いつものように

特商法表記を見てみましょう。

と、思いましたがありませんね・・・

 

まぁ、販売を行っているわけでは無いので、

特商法表記が無くても特に問題ないです。

 

ただ、この情報業界では、

特に特商法表記って重要視されています。

ここに記載されている内容で、

その販売者が信用出来るかどうかを

判断する材料となるからです。

 

そして、今までの経験上、

無料オファーの時点で、

特商法表記の記載がない案件で

優良だった案件は存在していないです。

 

さらに、今回の販売者である

吉田慎也氏は、過去の案件では

少なくとも特商法表記の記載が

ありましたが、それでも

ローンチ後に音信不通状態に

なった経緯があります。

 

そう考えると、今回も

ローンチが終了した後は、

音信不通になる可能性は

非常に高いですね。

 

今回は特に、特商法表記の記載も

ない事ですしね・・・

 

内容はどうなんだろう?

とは言え、内容に関してみて行きましょう。

取りあえず、ビジネスモデルは仮想通貨ですね。

しかもICO案件って事です。

 

ICO案件って事は、販売者の信用性は

非常に重要になってきますね。

ただ、吉田慎也氏の過去の案件を

考えると、信用出来無さそうですよねぇ・・・

 

この時点で怪しいので、先に進むのも

どうかと思う物の、先に進まないと

どうなのか分かりませんからね。

 

なので、登録してみました。

今回の案件は、LINEに登録しなくては

いけないんですねぇ・・・

 

取りあえず、LINEへ登録しました。

すると、すぐに動画ページへのURL付きの

メッセージが届きました。

 

そこから、動画ページに遷移すると、

VRについて、色んな事が書かれてますね。

 

確かにVR自体は、これから伸びていく分野ですよね。

技術もこれからどんどんと上がっていくでしょうし、

色んな事が出来ていくと考えられます。

 

そこに、仮想通貨が絡んでくるんですが、

この情報自体は凄い面白いですね。

これから伸びるであろう事業と

仮想通貨って言うのは、面白いです。

 

そして、プレセールがどうやら7月20日みたいですね。

 

後は、信用出来る情報かどうか?

って話になるわけですが・・・

 

販売者がねぇ・・・

吉田慎也氏の過去案件がちょっと

危険なものが多かったですし、

ちょっと信用の置けない感じですよね。

 

過去の案件でローンチが終わった後に

音信不通になったりしてますからね・・・

 

信用の出来ない人物のICO案件を

信用することが出来ないですからね。

 

また、自分が信用出来ない人物の商材を

人にオススメすることは出来ないので、

今回もオススメすることは出来ないです。

 

スポンサードリンク

VR ICO吉田慎也)の評価

今回のこのVR ICOですが、

ビジネスモデルは仮想通貨になります。

それも名前の通り、バーチャルリアリティの

ICO案件になります。

 

ICO案件となるので、販売者が信用出来るかが

一番の問題になると思います。

 

では、今回の販売者である吉田慎也氏が

信用出来るかどうかって話ですね。

 

吉田慎也氏は、過去に同じように案件を

販売しています。

しかし、その案件については、

いずれも良い話は聞こえていません。

 

さらに、過去の案件では、

ローンチが終了した後は、

音信不通になるという共通点が

あります。

 

今回も、お金を集めるだけ集めて

最終的に音信不通になるという

可能性も否定できません。

 

という訳で、販売者の事は

信用出来そうもないですね。

 

ICO案件で、販売者を信用が出来ない

案件を、人にオススメすることが出来ないので

今回も、オススメすることは出来ません。

 

吉田慎也氏の

VR ICO』のオファー

危険商材と判定します!