こんにちは、斎藤です。

それでは、今回、悪・即・斬の名の下にぶった切る情報商材はこちらです。

マネーモンスター』 販売者 商材情報

■運営元:株式会社Edit

■運営責任者:代表取締役 野田 洋佑

■住所:〒171-0014 東京都豊島区池袋3-34-7ビジネスパーク池袋2階

■メールアドレス:info★crypto-mm.net

■URL:http://crypto-mm1.com/lp/main1/

 

最終兵器ですか・・・

それではぶった切って行きましょう!

人工知能研究×統計学の権威

のタッグが生み出した金の怪物

暗号通投資の最終兵器が遂に日本上陸!

わずか3STEPの設定作業のみで

月利30%~最大100%の利益を

保証する最強の暗号通貨自動トレードシステムが

たった今誕生しました!

その名も、マネーモンスター

販売者は、高木伸雄氏です。

 

システム起動後、完全放置ねぇ・・・

なにやら、また初心者の方や、

楽に大金を稼ぎたいと思う方たちが、

こぞって参加しそうな案件が

出てきましたねぇ。

 

今回の案件であるマネーモンスターは、

ビジネスモデルが仮想通貨になります。

それも、自動トレードシステムで行う

ものになります。

 

しかも、この自動トレードシステムは、

人工知能と統計学の権威がタッグを組んで

開発を行ったと謳っています。

 

さらに、この開発の期間は、

5年以上を掛け、1億円以上の資金を掛け

作成したそうです。

 

何とも凄そうな感じを受けますね。

ただ、5年以上も開発に期間が掛かる

大規模な案件であれば、普通は何億円も

掛かります。

 

何と言うか・・・

人工知能の開発って、そんなに安く出来る

もんなんですかね・・・

 

しかも、これだけ大々的にシステムを

使用させようって言うんですから、

かなりの試験を行っているはずです。

 

まぁ、今の段階では本当か嘘かまでは、

判断出来る状況に乏しいので、

システムの開発にはお金が掛かるって事を

覚えといてください。

 

なので、システムを無料で使用出来ます!

というのは、どこかでお金を稼ごうと

思っている可能性が非常に高いので

注意してください。

 

特商法表記はどうかな?

それでは、いつもの通りに

特商法表記から見て行きましょう。

 

まずは、電話番号が無いですね。

特商法表記の記載自体は、

無料オファーの段階では、

必ずしも記載する必要は無いです。

 

ただ、必須ではないものを

記載している理由は何でしょうか?

 

その理由は、販売者が少しでも

信用を得るために行っていると

考えるのが妥当でしょう。

 

その信用を得るための手段として

用いているにも関わらず、

なぜ、中途半端な情報のまま記事を

公開してしまうんでしょうね・・・

 

どうせ記載するなら、ちゃんとした

誰が見ても大丈夫な情報を

記載すれば良いと思うんですけどね。

 

さらに、この住所なんですが、

ここの住所にあるのは、

どうやらバーチャルオフィスのようです。

 

仮想通貨の自動売買システムで、

月利30%~最大100%を稼いで、

システムの開発費に5年間で、

1億円以上も掛けるような会社が、

バーチャルオフィスですよ・・・

 

ちょっと信じられないですよね。

どこかのビルの1フロアとか、

1部屋を借りているなら分かりますけど、

バーチャルオフィスですよ・・・

 

この時点で、信用は出来そうにない

会社なんだなと考えられますし、

信用出来ない販売者だとも

考えられます。

 

それに、今までの経験上、

バーチャルオフィスを使用している

案件というのに優良だった案件と言うのは、

存在していませんからね・・・

 

今回の案件に関しても、

その可能性は否定できませんね・・・

 

内容はどうだろうか?

記載されている内容自体は、

読むと魅力的な事が書かれています。

 

設定は簡単で3STEP出来るとか、

月利30%~最大100%を完全保証とか、

設置したら完全自動で稼げるとか・・・

かなり魅力的ですよね、本当であれば。

 

ただ、この無料オファーを見ていても、

これ以上の情報を得る事は出来ません。

 

という訳で、いつものように

メールアドレスを登録してみました。

 

すると、いつものように、

LINEへの登録を促すページに遷移します。

ただ、登録しなくても先に進めるので、

そのまま進んでみます。

 

第一話目の動画ページに遷移しますね。

いつもと全く同じ作りですね・・・

何と言うか、みんな同じ構成で作っているので、

なんか飽きてきますね。

 

どうせ、ここから何本か動画を見させて、

最終的にこのシステムを使うには、

高額塾に入る必要があります!とか、

月額いくら支払って下さい!とか、

システムを幾らで売ります!今なら幾ら!とか、

そういう感じになるんでしょうね。

 

まぁ、実際開発に5年以上も掛けて、

尚且つ開発資金に1億円以上も掛けている

わけですからね、無料でシステムを

使えると思う方がオカシイですよね。

 

なんて言うか、スマートフォンが普及して、

無料アプリが一杯あるじゃないですか、

そういった物が無料で使用出来るから、

他の開発に資金が掛かっているような

システムも無料で使用出来るとか

思っている人が多いんですよね・・・

 

正直言って、システムを作っている側から

するとあり得ないですよ。

 

システムを開発するにはお金が掛かるんです。

それは開発するシステムの規模によりますけど、

無料で開発されるシステムなんて無いんです。

 

開発されたって事は、少なくとも人件費は

掛かっているわけです。

最低でも、掛かった人件費は回収しないと

開発する意味がないわけですよ。

 

そう考えると、高額塾への展開とか、

高額バックエンドがあるって言うのは、

まぁ、まだ分かるんですよね・・・

 

ただ、問題は高額な料金を支払った

物がその金額に値するかどうかって

ところです。

 

大抵の高額塾だとか、高額バックエンド

なんて言うのは、見合っていないものばかりです。

だから、詐欺と言われる案件ばかりに

なるんですね。

 

支払った金額に見合った金額を

無料オファーや販売ページで謳っているように

稼ぐことが出来れば問題なんて無いんです。

 

それが出来る案件が少ないって事ですね・・・

 

では、今回の案件はどうなんでしょうか?

実際に稼げるかどうかは、

今の情報で判断するのは早計だとは

思いますが、参加する気にはなれないですね・・・

 

特商法表記にこの記載を

見つけちゃいましたからね、

 

表現及び商品に関する注意書き

本商品に示された表現や再現性には個人差があり必ずしも

利益や効果を保証したものではございません。

 

誰にでも簡単に出来ると謳っている案件で、

上記の記載が特商法表記に記載されている

案件で優良だった案件は存在していないですからね。

 

なので、少なくとも私は参加はしないです。

 

ただ、どうたら無料で7日間お試しで、

使用が出来るようですので、

その7日間試してから参加するかどうか

決めるのも良いんじゃないでしょうか?

 

まぁ、私自身が参加しない案件を

人様にオススメすることは出来ないので、

今回もオススメはしません。

 

スポンサードリンク

マネーモンスター(高木伸雄)の評価

今回のこのマネーモンスターですが、

ビジネスモデルは、仮想通貨になります。

それも、自動トレードシステムを使用した

ものになります。

 

書かれている内容を見ると、

誰にでも簡単に、たったの3STEPで

設定作業を終わらせることができ、

後は、全自動でシステムが稼いでくれるという

夢のようなシステムですね。

 

なんですが、特商法表記を見てみると、

そこに記載されている会社の住所が

バーチャルオフィスであったり、

電話番号の記載が無かったりと、

優良ではない案件で良くある内容に

なっています。

 

さらに、特商法表記にはこの記載もあります。

表現及び商品に関する注意書き

本商品に示された表現や再現性には個人差があり必ずしも

利益や効果を保証したものではございません。

 

あれだけ、誰にでも簡単に出来ると

謳っていたわけですけどね・・・

 

無料オファーや販売ページで

あれだけメリットを語って、

デメリットについては話さなかったのに

この記載をしてしまっているとね・・・

 

ちょっと信用することが出来ないですね・・・

 

自分が信用出来ないで、参加したいと

思えない案件を人にオススメすることは

出来ないので、今回の案件についても

オススメすることは出来ません。

 

ただ、今回の案件は無料で7日間の間、

実際にシステムを使用出来るみたいなので、

興味のあるかたは、それを使用して

判断するのも良いと思います。

 

高木伸雄氏の

マネーモンスター』のオファー

微妙商材と判定します!