こんにちは、斎藤です。

それでは、今回、悪・即・斬の名の下にぶった切る情報商材はこちらです。

『チアーズリセールプロジェクト』 販売者 商材情報

■運営責任者:東野はじめ

■Eメールアドレス:info@dlbproject.com

■URL:http://dlbproject.com/letter/opt/crp/hs/index.html  

 

スマホ副業システム?

それではぶった切って行きましょう!

ポチポチっと実践したその日に売上発生!

90%が未経験者なのに

初月10万円突破者が続出中で

今話題のスマホ副業システム

主婦もニートもフリーターも、

さらには大学生まで みーーんなこれで稼いでいます!

その名も、チアーズリセールプロジェクト

販売者は、東野はじめ氏です。  

 

実践したその日に売上発生?

また、無料オファーを見る限りだと、

中々稼ぐ事が出来そうな案件ですね。

 

それも副業として出来るという事なので、

本業が別にあり、さらにお金を稼ぎたい

と思っている人がターゲットですね。  

 

作業のメインに関しても、

コピペとクリックだけだと言う話なので、

随分と簡単にお金を稼ぐ事が

出来るような印象ですね。  

 

では、一体ビジネスモデルは

何なのかという話ですが、

今回の無料オファーでは

明示されていません。  

 

ビジネスモデルを記載していない

案件というのは、明示すると

登録される可能性が低くなってしまう

ビジネスモデルなのではないかと

考えてしまいますね。  

 

これは、完全に受けての問題なんですが、

今までの経験上、無料オファーの時点で

ビジネスモデルを明示していない案件

で優良だった案件が存在していないんですよね。  

 

なので、無料オファーの時点で

ビジネスモデルを明示していない

案件には注意が必要だと考えてます。  

 

今回のチアーズリセールプロジェクトは 一体どうでしょうかね?  

 

特商法表記はどうだろう?

それではいつものように、

特商法表記から見て行きましょう。  

 

運営責任者とメールアドレスしか

記載されていないですね・・・

う~ん・・・

個人でやってるんですかね?  

 

運営会社や住所、電話番号等の

記載がないって言う事は、

特商法表記としては、

情報が不十分だと言えますね。  

 

無料オファーの段階だと、

特商法表記は必須ではないので、

記載する必要はないわけです。

何かを売っているわけでは ないですからね。  

 

ただ、この情報業界って言うのは、

こういった無料オファーには、

信用を得るために特商法表記の

記載を行っている案件が多いです。  

 

また、こういった無料オファーの

セールスページの記載テンプレート

なんかにも、書くことが勧められてます。  

 

なので、どの無料オファーにも

特商法表記が記載されています。  

 

記載されているんですけど、

充分な情報を記載している

無料オファーって言うのは、

あまり見ないですね・・・  

 

そして、情報が不十分な特商法表記を

載せている案件って言うのは、

そのほとんどが優良な案件では

無いことが多いですね・・・

 

 

実際の内容はどうだろう?

とは言え、特商法表記の内容だけ

では当然判断は出来ません。

特商法表記の内容が不十分だからと言って、

実際の内容もダメなんてことは 無いですからね・・・  

 

実際に内容を見てみると、

この無料オファーだけだと

なんとも判断出来ませんね・・・  

 

ただ、実績画像を幾つか載せているんですが、

売上金額って言う事と、

売上金額には送料が含まれませんという

記載がされていますからね。  

 

何かしらの商品を販売するって

事なんでしょうね。  

 

ただ、送料が必要になるってことなんで、

物販ビジネスが濃厚ですね。  

 

とは言え、実際にどうなのかは

この無料オファーだけだと分からないので、

メールアドレスを登録してみました。  

 

すると、いつものようにLINEへの

登録を促すページに遷移しました。

このページから次の動画ページには

遷移することが出来ないので、

登録したメールアドレスに届いた

メールにあるURLから次のページに

進んでみます。  

 

すると、動画の見れるページに行きます。

何と言うか・・・ まず最初に、

他のビジネスについて

だいぶディスってますけど、

そういう事をする案件って、

あまり良い印象がないですね・・・  

 

実際、そういう事をしていた案件で

優良だった案件は見たことがないです。  

 

で、実際に内容なんですが、

ツールを使用した無在庫販売のようですね。  

 

無在庫販売って言うのは、

売れてから仕入れるため、

仕入れでマイナスになるリスクが

ないように感じますが・・・  

 

出品時の価格と、

実際に購入する時に価格の変動によって、

赤字になる可能性もありますし、  

仕入れようとした時に、

売り切れで購入が出来ない

という可能性もあります。  

 

それに、売れてから仕入れを

行うため、商品をお届けするのに

時間が掛かってしまいます。  

 

この商品をお届けするのに時間が

掛かるってことろが、

クレームに 繋がる可能性も多いにあります。  

 

こういったところが完全に

クリアできるのであれば、

無在庫販売って良いと思うんですけどね・・・  

 

ただ、無在庫販売自体を禁止している

プラットフォームも存在します。

メルカリなんかはそうですね。

 

無在庫販売を禁止してます。  

なので、無在庫販売するのであれば、

そういった部分に注意する必要があります。

これがツールでカバーできるかと言ったら、

どうなんですかね?

難しいんじゃないですかね・・・  

 

また、「物販」の概念を覆す新手法と

謳っているんですが・・・

とても新手法とは思えないのですが・・・  

 

この案件も最終的には高額塾

なると考えられますが・・・

個人的には数十万円を払ってまで

参加する必要はないと考えています。  

 

なので、今回もオススメは出来ないです。  

 

スポンサードリンク

チアーズリセールプロジェクト(東野はじめ)の評価

今回のこのチアーズリセールプロジェクトですが、

ビジネスモデルに関しては、販売ビジネスになります。

それもツールを使用した無在庫販売になります。  

 

販売ビジネスを実施するのに、

ツールを使用すること自体は、

自分の作業を楽にするために

あった方が良いと思ってます。  

 

ただ、完全に依存する事は

止めた方が良いとは思いますけどね・・・

使用すること自体は全然ありです。  

 

で、問題は無在庫販売という

販売方法なのですが、

当然リスクが存在します。  

 

そのリスクについて、

今後の動画で語ってくれれば

良いのですが・・・  

 

そういったリスクについて

何も説明が無く、

メリットばかりを

語るようですと・・・

ちょっと危険な感じがしますね。  

 

今回の案件に関しても、

最終的に高額塾へと発展すると

思うのですが・・・  

 

高額な金額を支払ってまで、

今回のツールを使用してみたいとは、

あまり思えないですね・・・  

 

自分が参加したいと思えない

案件を人にオススメすることは

出来ないので、

今回もオススメすることは出来ません。  

 

東野はじめ氏の

チアーズリセールプロジェクト』のオファー

危険商材と判定します!