こんにちは、斎藤です。

それでは、今回、悪・即・斬の名の下にぶった切る情報商材はこちらです。

『旅セレブのレシピ』 販売者 商材情報

■運営会社:株式会社やどかり

■所在地:東京都千代田区神田神保町3-1-6

■責任者:今田正則

TEL:03-4400-7790

メール:info@tabiceleb.com

■URL:http://tabiceleb.com/lp-e/c.html

 

最速で幸せになる?

それではぶった切って行きましょう!

玉の輿でセレブになれる確率・・・0.1%

旅セレブのレシピでセレブになれる確率・・・80%以上

ゼロから起業して自宅で毎月100万円

幸せな仕事、結婚、お金、子育て。

全部ちゃんと手に入れる!

その名も、旅セレブのレシピ

販売者は、ウィックスあやみ氏です。

 

セレブになれる確率80%以上かぁ・・・

今回は、久しぶりに仮想通貨に

関連する情報じゃないっぽいですね。

 

ここしばらく、仮想通貨に関連する

案件ばかりでしたので、

新鮮な気分ですね。

 

さて、今回の案件は旅セレブのレシピ

という名前の案件になります。

一体どういう風に稼ぐのか?

っていうのが、一番の疑問でしょうが、

今回の無料オファーでは

一切明示されていません。

 

何を行って稼ぐのかが、

全く分からない状態なんですね・・・

 

どういう風に稼ぐのかが

分からないんですが、

セレブになれる確率が80%以上で、

毎月100万円を稼げるそうです。

 

正直、この時点で怪しさ満開です。

 

何をして稼ぐのか手法が分からなかったり、

ビジネスモデルに関しても、全く明示されて

いないような案件っていうのは、

そのほとんどが真面な案件じゃないです。

 

大体、自分の商材に自信があれば、

無料オファーの段階で、

ビジネスモデルを明示して、

その稼ぎ方についても記載するはず

なんですよね。

 

それが出来ないって事は、

ビジネスモデルや、稼ぎ方を記載すると、

登録される可能性が低くなると

考えているって事です。

 

販売者が、登録されない可能性を

考えるような稼ぎ方について

やりたいと思えますか?

 

少なくとも、私はやりたいと思えません。

 

とは言え、ここで終わってしまうと、

本当になにをするのか分からなくなるので、

先に進んでみましょう。

 

特商法表記の記載はどうだろう?

今回の特商法表記の記載ですが、

一見すると、何も問題が無さそうですね。

 

販売会社、住所、電話番号、

メールアドレスと必要な記載は

一通りそろっています。

 

ただ、今回のこの特商法表記には

一つ問題があって、

それは、コピペ防止のために

特商法表記が画像データになっている

んですよね・・・

 

特商法表記の記載について、

画像データにしているって事は、

コピペをしてもらいたくないって事です。

という事は、調べられたくないって

事ですね。

 

それでは、まず住所から調べてみましょう。

レンタルオフィスですねぇ・・・

 

情報商材を扱っている会社で、

特商法表記に記載されている住所が

レンタルオフィスだった場合は、

その案件は信用しない方が良いです。

 

まず、この矛盾について考えてもらい

たいんですが、

そもそも、月に何百万円も稼ぐ事が出来る

商材を販売している会社の所在地が

なんでレンタルオフィスなんだと・・・

 

その販売している案件の稼ぎ方で

もっと良い場所に会社を構える事が

出来るのでは無いかと・・・

 

普通に考えたらおかしくないですか?

 

そして、このレンタルオフィスって言うのが

問題なんですよね・・・

要は、すぐに逃げる事が出来るわけですよ・・・

 

例えば、今回の案件が高額商材に

なったとします。

 

その時に、商材を売るだけ売って、

仮に逃げたとすると、販売会社が

レンタルオフィスだと、

追いかける事が出来ないわけです。

 

すぐ逃げる事が出来ちゃうわけですからね。

そういう事を考えると、

販売会社がレンタルオフィスっていう状態が

好ましくないって言うのが分かりますね。

 

また、今まで経験上、

所在地がレンタルオフィスだった案件で

優良だった案件は存在してないですね。

 

今田正則氏ですか・・・

今回の案件の責任者は今田正則氏です。

しかし、先ほどの所在地と同様に、

特商法表記では画像データになっています。

 

調べて欲しくないんでしょうね・・・

無料オファーや、この先の動画なんかで

顔出しして、プロフィールまで

語っているのにね・・・

 

調べられたくないとわかったら、

まぁ、調べたくなりますよねw

 

で、調べようと思ったんですが、

この顔になんか見覚えがあったんですよね。

 

そういえば、以前本ブログで紹介したなぁって

なので、自分の過去ブログを見てみると

ありましたよ。

 

以前、紹介した記事が・・・

地域貢献型100年安泰大家さんの秘密

それが、この記事です。

 

そうかぁ・・・

以前は民泊ビジネスの商材を

販売していたんですね。

 

という事は、今回の旅セレブのレシピ

ビジネスモデルは、民泊ビジネス

可能性がありますね。

 

以前にも、何度か民泊ビジネスについて、

記載していますが、

デメリットが当然あるんですよね。

 

そのデメリットが、民泊新法っていうのが

ありまして、申請をすれば年間で180日間に

限り民泊が出来るって事なんですね。

 

要は、一つの部屋を借りて民泊をしようと

考えた場合に、年間で180日間しか

民泊の部屋としては使えないわけです。

 

その他の180日間は民泊ビジネスとしては

使用出来ないってわけです。

一年の半分しか使用出来ないんですよねぇ・・・

 

正直、個人でやるのは難しいんじゃないですかね・・・

 

まぁ、今回の旅セレブのレシピが、

民泊ビジネスを扱うとは、

今の時点では分かりませんが、

可能性は高いんじゃないですかね?

 

スポンサードリンク

旅セレブのレシピ(ウィックスあやみ)の評価

今回のこの旅セレブのレシピですが、

ビジネスモデルは、今の時点では不明です。

但し、今回の案件の責任者というのが、

今田正則氏になります。

 

この、今田正則氏ですが、

以前に情報商材を販売していました。

その時の案件が以下になります。

地域貢献型100年安泰大家さんの秘密

 

内容はと言うと、ビジネスモデルは

民泊ビジネスでした。

 

なので、今回の旅セレブのレシピについても、

ビジネスモデルは、民泊ビジネスの可能性が

高いのではないかと考えています。

 

さて、もし考えている通りに、

民泊ビジネスがビジネスモデルだった場合、

個人で行うビジネスとしては

非常に難しく、やらない方が良いと思います。

 

なぜなら、民泊ビジネスには民泊新法という

法律があり、そこに記載されている内容が

申請をすれば年間で180日間に限り民泊が出来る

という事なんですね。

 

要は、民泊として部屋が営業出来る年間の

日数が180日しかないって事です。

一年の半分しか使えないんですよ。

 

これで稼ぐのは、個人では難しいのでは

無いですかね?

 

まぁ、今の段階では、ビジネスモデルを

明示していないので、民泊ビジネスでは

ない可能性もあります。

 

ただ、もしビジネスモデルを明示した場合に、

民泊ビジネスであれば、参加は見送った方が

良いと思います。

 

民泊ビジネス自体のデメリットが

大きいって事と、販売会社の所在地が

レンタルオフィスという事で、

余りにも危険が大きいです。

 

ですので、個人的には

オススメすることは出来ないです。

 

ウィックスあやみ氏の

旅セレブのレシピ』のオファー

危険商材と判定します!