今回のこの原田式資産倍増プロジェクトですが、ビジネスモデルとしては、投資になります。 それも、ツールを使用して「日経225先物」を扱う物になります。