今回のこの印税家族ですが、ビジネスモデルは、電子書籍をシステムで作成して販売をするというものになります。