今回のこのタイム・イズ・マネープロジェクトですが、ビジネスモデルに関して明示はされていませんが、動画の内容から考えると、FXになるでしょう。 それも、自動売買システムを使用したものになります。