今回のこのティーンエイジャープロジェクトですが、ビジネスモデルに関しては無料オファー、第一話目の動画の段階では明示されていません。ただ、システムサインツールを使用する事が謳われていることから、投資系のビジネスモデルになると考えられます。