今回のこの月収125万円在宅ビジネスですが、ビジネスモデルは明示されていません。 今まで、販売者である川本真義氏が、手掛けてきた案件と同じですね。