今回のこのVR ICOですが、ビジネスモデルは仮想通貨になります。 それも名前の通り、バーチャルリアリティのICO案件になります。 ICO案件となるので、販売者が信用出来るかが一番の問題になると思います。